「やきもの一問一答」:第三回 「土のこと」①

◎やきものについて一焼き、二土(つち)三細工といわれるようですが…。

陶器ばかりはまったく土と焼き方じゃ。結局は焼きが一 番難しいし微妙なんだ。やきものを窯焼きというくらいだ からね。窯の焼き方が上手なら陶工として秀れておるけれ ども、いかなる条件がそろっていても窯の焼き方が下手だ ったら物にならない。それから、素地が悪いと焼き方が上 手であっても良い調子にならないから土が大事なんじゃね。 で細工は、勉強すれば誰でもできる。焼き方と土の選定に は半ば天性的なものがあるからね。

◎やきものにいい土とはどういう土ですか?

それは、″磁器″のところでもいったカオリン性の高い土 なんじゃ。結局、やきものの原料になっているのは御影石 で、この御影石は、火山によってできたものではなく、地 球誕生当時からあった岩石がそのまま水に漬かって固まっ たものといわれている。学者のいうことだからあてにはな らんが……、本当の天然産の石であるという。この御影石 は長石と珪石と雲母の三つから成っている。この長石の結 晶体が風化分解したものがカオリンなんだ。つまり、空気 や水や光線におかされて細かな土になったのがカオリン。 これが陶土に欠かせないものなんじゃ。

◎カオリン性の高い、いい土をどうして見分けるのですか?

それは巾着切りが人の懐にいくらあるかわかるような もので、勘としかいいようがない。木の生え方、水の流れ、 山の形、どれも一様ではないけれども、パッとわかるんだ。 走る汽車の中からでもわかるし、映画をみていてもわかる んだよ。たとえば飛行機に乗っていて、下を見てても、あ あ、あそこにいい土があるとわかる。僕はシベリアからモ スクワ、モンゴルヘとやってくる時に、何ヵ所降りてみた かったかしれん。カオリンのいい層がず―っとみえている んだね。

◎日本の中で特にいい陶土がとれるのはどこですか?

アップライト地帯といって、御影石がやや風化して柔か くなっているものが山になっているところにはたくさんあ る。特に愛知県と岐阜県との境一帯はアップライト地帯な んだ。つまり瀬戸から美濃、三河へかけての一帯じゃ。そ うした山々に雨が降って水が流れ、長石が風化したものが ずるずると流れてきて溜ったのが陶土になる。この陶土に は爽雑物も入っておるが、主要成分はカオリンだ。 第二に伊賀、信楽。ここもアップライト地帯。

猿投山

◎風景としてみて、アップライト地帯の特徴はありますか?

峰が尖っていてね、谷ができている。まあ矩形(くけい)の谷のあ
るところなら必ずやきものに良い土がある。そして下に陶 土があるところでは上に伸びる樹は生えないんじゃ。とい うのは、樹木というものは、親根が下にずっと通らなくて は上に伸びてこない。ところが下に粘土があると、根が横 に這ってしまう。だから樹をみただけでもわかる。果樹園 をやっておるところはたいてい下に陶土があるね。


◎唐津ものの土は何ですか?

やはり主要成分はカオリンだね。ただ九州地方は鉄分が 非常に多い。カオリンは鉄を吸収するが、鉄分が少ないほ ど優良な粘土といわれている。陶片をみると素地が黒いの は鉄分が入っているからだ。


◎瀬戸と伊賀や信楽の土との違いは何ですか?

日本の陶土は、カオリンがたくさんまじっているものの、 他の粘土も入っている。それに結晶体の大きなものもあれば 粘土になったものもある。それが焼いた場合の違いになって くるね。瀬戸や美濃地方のものは粘力をもった陶土なんだ。 蛙眼(がいろめ)と木節土(きぶしつち)がこの辺の独特の 土なんじゃ。

◎ 蛙眼 と木節土について教えて下さい。

蛙目というのは、瀬戸では蛙のことをガイロと呼ぶんだ ね。水に浸すと珪石がでてきて、ちょうど蛙の目のように 光る、そんな土を蛙目と呼ぶ。これを水でこすといい粘土 がとれる。
木節土は、これがあることによって日本の土が世界で最 良とされるほどいい土なんだ。この木節もカオリシなんだ けど色は黒い。木が腐蝕して入っているからなんだ。考え てみると濃尾平野も三河平野ももとは森林地帯であったに 違いない。それが木曽川の長い間の作業で埋まって平野に なったんじゃろう。こうして埋まったなかでも瀬戸から美 濃にかけて、御影石の風化層の中に埋まってカオリン性の 高いものが木の中に吸収されたものが木節土なんだ。木 の 中にカオリンが吸収されて粘土化しているんで木の痕跡が あっても木ではない。焼けば木は燃えちゃう。焼けばカオ リンになるんだから。 木節土も蛙目も瀬戸弁で、これが世界共通の学術語にな っているんだよ。本質的にはこの二つは同じ物だけど、粘 力が違う。たぶん木の中にある粘力性の違いだろう。木の 養分が糊のような粘力になって木節のほうに残っているん だね。で、よく練った木節の土だと、自分の背の高さくら いまで伸びる。こういう扱いやすい作りやすい土があるか ら、瀬戸でいくらでも安いやきものができるんだ。

続く

出典:唐九郎著『唐九郎のやきもの教室』(新潮社)