唐九郎伝:唐九郎風雲録⑤

日記の索引

私が唐九郎さんと初めて出会ったのはその直後のことで、昭和38年(1963)の初め、私は まだ20代の若造だった。それから二十年の歳月にわたって親しい関係がつづき、彼から多くのものを学んだ。
東京で新聞の仕事をしていた私がその前年の夏、ふと、ラジオのスイッチをひねると、ちょうど ラジオ東京(発信局は、名古屋のCBC)の録音構成で”永仁事件”の特別番組をやっており、唐九郎さんが過激に弁じ立てていた。日本の文化行政のあり方、とくに文化の中央集権、無知な官僚に よる文化の支配とその弊害についての痛烈な批判を耳にして、私はびっくりした。 一陶工の発言と は到底私には思えなかった。マスコミによって”大罪人”と烙印を捺(お)され、断罪されていた渦中の 唐九郎の奇想天外な発想による発言の数々が、それまで私が耳にした、いかなる知識人の意見より も新鮮で説得力があるように思え、痛快だった。これは大変な男だ。ぜひ彼に会ってみたいと思った。そのことを文学者の杉浦明平、広末保、丸山静氏らに話したら、「あれは凄い人物だ」とのこ
と。ますます唐九郎さんに興味がわいた。
唐九郎さんを訪ねたのは、翌年、名古屋に移り住んでまもなくのことだ。敵地に単身のり込む思 いで硬直していた私を彼は心やすく迎え入れてくれ、同年代の人に対するように対等に応対して くれたのが、いま懐かしく思い出される。齢に似合わず「ぼくはね・・・」とか「あなたは・・・」 とか。言葉づかいも若々しく、ていねいであった。挨拶もそこそこに話ははずみ、熱し、昼食もご馳走になり、ついつい夜遅くまで居つづけてしまった。これが、私が唐九郎の ”虜”になるきっかけであった。

話した内容はいま詳(つまび)らかに覚えてはいないが、社会、政治、経済、歴史、思想史、美術……とジャンルも万般にわたり、読んでいる書物の幅もとてつもなく広かった。「どうしてこの人はこんな
百科事典のような頭を持っているのか」と、不思議であった。驚いたのは、「ぼくは瀬戸の近代史を学問的に解明しようと勉強してきたんじゃが、明治維新を封建社会から近代への”革命”だと位置づける講座派(いま風に言葉を変えて表現するとすれば「マルクス原理主義」か)の理論ではなかなか理屈通りにはいかんのじゃ。やはり労農派(「構造改革主義」か)の封建的なものを残しながら近代
への漸次移行という理論でないと、経済と密接にかかわりあう瀬戸の近代史は解けないんじゃよ。 机上では何とでも言えようが、実際に現実を照らし合わせながらやってみるとそうはいかない」と、学者はだしの意見が出てきたことであった。
また、昭和史のある事件について話していると、「きみの言う年月日は違っているよ」と指摘され、「いや、○○の文献にこう出ている」と抗弁したところ、「ちょっと待ってくれよ」と奥の部屋へ行き、 一冊のノートを持ってきて、「これはぼくの日記の索引じゃよ。あ、あった」とまた奥へ。今度は分厚い日記の綴じ込みを持ってきて、「ここにそのことが書いてある。この日、人と議論していて、その文献もちょっとおかしいということになり、あとでいろいろ調べたんじゃ。その結果がここに書いてある。まちがいない」と、その日記を読んで聞かせてくれた。いやはや驚いた。日記の索引までつくっている人がいるとは。あとになって気付いたことだが、このマニヤックなまでの几帳面さと、飽くなき好奇心が、あの巨大な『陶器大辞典』(B4判、全六巻、各巻平均1000頁/宝雲舎、昭和十六年〈1941〉完結)を生み出す源泉であったのだ。

陶器大辞典全6巻(宝雲舎)

帰宅しようとすると、「最近読んだ本で面白かったのは何かね」と唐九郎さんがたずねた。「明治10年(1877)の西南戦争の頃、戦乱の熊本城下で育ち、陸軍士官学校を出て世界一の軍事大国ロシアに留学、その後数奇な運命をたどった石光真清の自伝『城下の人』から始まる四部作と、荒畑寒村の自伝です」と答えると、「それを貸してもらえないか。それと『福翁自伝』を持っていないか」と言う。
唐九郎さんとの出会いの日は、私にとって衝撃的な一日となった。「あの本のおかげで三日徹夜をしてしまったよ」と笑いながら、彼はあとで感想を述べてくれた。

稲垣喜代志著「唐九郎風雲録」