当館の一品:「氷柱」② 

「氷柱」と鈍翁

その頃、知り合った人々が、祖母懐のささやかな茶室を訪れることもしばしばあった。茶人としても有名な、東京の横井夜雨(半二郎)さんが来られた時、 一月に焼けた茶わんで、茶を供したことがあった。
横井さんは、ひどく感心して、「これは是非、益田鈍翁のところへ持って行こう」
と、私の手から取り上げるようにして、五点とも持って行かれた。横井さんは当時三井物産の重役で、益田鈍翁の傘下では最も有力だと言われた人である。
その後、横井さんには、上京する度に芝琴平町のお宅へ泊めてもらったり、たいへんお世話になった。横井さんは人の面倒を見ることを少しも嫌(いと)われぬ人であった。
横井さんを私に紹介してくれたのは、関東大震災直前、名古屋の三井物産代表として赴任して来た佐羽未央(総太郎)という人だったが、こうした人々によって、私はずいぶん茶道美術の知識を深めるこ とが出来た。
益田鈍翁は、私の茶わんの一つに「氷柱」という銘をつけられた。この「氷柱」は、今縁あって私の手元に戻って来ている。箱書の裏に「藍は青より出でて、尚青く、氷柱は水より出でて尚冷し 鈍翁誌」とある。
私は「氷柱」という銘を選ばれたという一事をしても、鈍翁という人は、大した人だ
と思った。

「氷柱」 昭和5年

茶の行きつくところは禅であり、枯山水である。それは冷いということであり、何もないということである。利休の求めた茶の精神は、永い生命を持たないもの、仮の娑婆の、仮のすがたである。水が凍ってかたちを成した「氷柱」もこの世の仮のすがたに他ならない。
時代が変わり、武家的で堅牢なものを好む古田織部正によって新しい茶の様式が生れ、志野が作られた。その後長い歳月を経て、鈍翁に至った茶は、自から、利休の頃のものではない。
井上馨、益田鈍翁、原三渓という系列の、いずれも財力にものを言わせ、豪奢をきわめた茶を ”大正成金茶道 ”と呼んだこともあるが、その奥に、ものの本質を見窮める確かな目があることを知った。

益田鈍翁

祖母懐へ移った頃、やきもののことを研究したいといって、瀬戸へ来ていた福田桜一という男が居た。彼は、小森忍、矢野陶々、加藤青山、加藤作助、それに麦袋や私のところへ、しょっちゅう出入りして、仕事場や窯場をのぞいたり、いろいろ作陶に関することを聞き書きしたりしていた。と言っても別に陶器を作りたいというのでもなさそうだし、私には、物好きな人間としか見えなかった。
おそらく、彼あたりが情報の伝達役をつとめたのであろうと思うが、私が志野が焼けたと言って喜んでいるということは、案外な早さで人に知られることとなった。
ただし、瀬戸の連中が関心を持ったのは、桃山の風格をもった志野が焼けたなどということではなくて、その後三井のえらいさんが買い上げて行ったとか、どうやらそれがいい金になったらしいとかいったような情報であった。
その時のいろんな世評は「今更志野が焼けた、焼けたと、唐九郎だけが手柄顔をするのがおかしい、志野は室町時代に、志野宗信が始めて、瀬戸ではそこいら中で、やらんもんなしにいくらでも焼いとるじゃないか」といったようなものだった。
そういう手合は、麦袋の志野のようなものすら知らず、磁器の釉を採った長石のかすを塗って、鬼志野だと称している程度のものだった。
志野宗信が、志野焼の創始者で、瀬戸の陶工に命じて馬ヶ城の椿窯で焼かせたという説は、天明五年(一七八五)正月、水野代官所から、尾張藩茶道方へ録上した公文書にそう書かれてあるところから、瀬戸の文献類はみなそれを引いており、長くそれが信じられて来た。その時、すでに私は、これについても異説を持っていたが、それは昭和七年の『茶わん』誌十一月号に載った第一回「茶わん倶楽部講演会」記録「志野につい
て」でくわしく述べている。

出典:加藤唐九郎著『土と炎の迷路』(日本経済新聞社)

当館の一品 :「氷柱」①

唐九郎は、1929年(昭和4年)祖母懐へ窯を移し、翌年早々自ら納得のゆく作品をいくつか焼き上げることに成功しました。その中の一つが今回「当館の一品」として取り上げている「氷柱」と命銘された作品であります。これは桃山陶の再現に成功した日本初の志野茶碗であり、昭和陶芸史に新時代を切り開いた画期的作品として今日高く評価されています。唐九郎はこの作品の出来た前後のことを『土と炎の迷路』(日本経済新聞社)のなかで、かなり詳しく語っています。今回はこの部分を2回に分けてご紹介させていただきます。 一回目は「祖母懐窯」です。

祖母懐窯

忘れもしないが、昭和五年一月二十五日、祖母懐へ移ってはじめての穴窯を焼いた。この窯で「これは」と思う志野がひょいと焼けた。
昭和四年祖母が死ぬ少し前から、窯を移すことを考え、祖母懐の地に着々と準備をすすめていた。だが、この年の十月瀬戸の市制が布かれ、十一月市制最初の市議選が行なわれたので、土地柄、その前に動くことが出来ず、選挙が済むのを待ち兼ねて、移転後すぐに窯を焼いたのである。
何度経験を重ねても、窯出しというものは、胸がおどり、足がふるえる。 窯詰めをし、火を入れ、それを焼き上げるまでは、比較的冷静に対処していく。しか し火を止めた瞬間から、まったく落着きを失ってしまうのだ。窯が冷めるまでに、四日 や五日はかかる、それを十二分に承知していながら、意味もなく窯の周囲をうろつきま わるのである。だが、その期待は、常に報いられることは少ない。
今度こそは、と思って焼いた窯から出て来た作品を、どれだけ私は割って捨てたことだろう。それだけに、これなら残して置いてもいい、という作品が、二つ三つと出て来た時は、いかにも嬉しかった。
思えば、麦袋から覚えた、只白いだけという「志野」にはじまって、私は十三の歳から志野を焼いて来た。乗越で最後に打った穴窯で、部分的には、これだな、という見当のつくものは出来るようになっていた。「やきもの」は、土と釉、そして焼き方で、色や味わいが決定される。しかし作品ともなると、それにふさわしい細工が必要になって来る。その三拍子がなかなかうまく揃ってくれない。
もう一息、もう一息と、私が作品を毀しつづけたのはそこにあった。
この前後に、私は名品と呼ぶことの出来る桃山期の志野茶わんのいくつかを見る機会を得ている。その一つに、岐阜の万松館という料亭兼旅館の主人所有の、絵志野の茶わんがあった。これは実に堂々とした風格を持った大振りの茶わんで、何度見せてもらっても、見飽きなかった。
私は、ずいぶん頻繁に岐阜へ足を運んだ。万松館の主人は、その度に気前よく喜んで茶の席を設け私にその志野茶わんを堪能するまで見せてくれた。ロクロの達者な、玄人の陶工の作に違いなかった。
更に今一つ、九鬼家から借り出して来た「峯紅葉」(現五島美術館蔵)という赤褐色の志野茶わんを見た時のことも忘れられない。 一瞬ドキッとするような茶わんを見たのは、はじめてだった。
だが、これは陶工の作ったものではない。茶人とか、趣味人とかいった人の手になるものだと私は見た。

峯紅葉

そこで、なるほど、自分たちのやっている職人的技術の熟練だけで、いい作品を生み出そうと思ってもだめだ、と痛切に感じた。素人で力のすぐれた者には、こういう作品が出来る、たとえ稚拙な部分があろうと、その人間だけが持っている「感性」の発露がなくてはならぬ。ロクロがいくらうまく引けても、それだけでは美として認識することが出来ない。自からが、自分の作品の審判者になることである。
名品に出逢えば出逢うほど、私の模索の闇は深まって行った。鑑賞眼ばかりが、先ヘ行って、自分の作品がそれに従いて来ない。言うに言われぬ焦りがあった。
折も折、祖母が死んで、それまで私への干渉は手控えていた母が、焼いたものを片っ端から毀してしまう私を見て、
「何というもったいない」 と、喧しく口を狭むようになった。
「お前が気に人らなくても、これだけの出来なら買ってくれる人はいくらでもある
よ」と言って、私が参考のために割らずに残しておいたようなものをこっそり持ち出して、伝手を頼って売ったりした。あるいは、これも一種の親心だったかもしれないが、私にとっては、母のお節介が迷惑至極だった。
「個人作家」としてやって行くためには、今下手なものを世に出せば、後々困ったことになる―と言っても、母に「個人作家」ということがどういうことなのか、理解することは出来なかった。
独立したとは言え、同じ屋敷内に暮していたのでは、こうした事態は今後も避けられないだろうと思った。私が祖母懐への移転を決意したのは、その辺の事情もあった。
結果として、これは私にいい転機を作ってくれた。祖母懐で築いた穴窯で、ようやく自分を納得させるだけの水準にたどり着いた志野がはじめて焼けたのである。
勿論、これでいいと思ったわけでは決してない。今以て私の志野は未完成のままで、まだこれから研究して行かなければならない。そのかわり、何時かまた「ひょい」と一歩でも二歩でも前へ進めるかもしれないという期待を常に持ち続けることは出来るとい うものである。
その時窯出しをした中で、焼上りのよかったものが、茶わん、鉢など五点ほどあった。

出典:加籐唐九郎著『土と炎の迷路』(日本経済新聞社)